Course
開催コース
coursemap
HOLE 1     400Y / Par4
HOLE1

スタートから難易度の高い、やや左に曲がっているミドルホール。
グリーンまで左サイドは崖・右サイドはOBが続く。
ティショットはフェアウェイ右方向を目標に打とう。

HOLE 10     380Y / Par4
HOLE10

まっすぐなミドルホール。
左サイドはグリーンまでOBが続く。
ティショットはフェアウェイ右サイドがねらい目。

HOLE 2     490Y / Par5
HOLE2

右ドッグレッグの谷越えのロングホール。
手前の谷と右サイドはOB。
ティショットは右サイドが近道だが、右の松林がスタイミーに

なる場合もあるためFWセンターがねらい目。

HOLE 11     355Y / Par4
HOLE11

距離のないミドルホール。
右は谷・左はOBが続きクロスバンカーが左右にある。

HOLE 3     425Y / Par4
HOLE3

まっすぐな距離のあるミドルホール。
右サイドはOBが続くのでティショットは確実に

フェアウェイキープを。

HOLE 12     155Y / Par3
HOLE12

距離のあまりないフラットなショートホール。
グリーンの前後左右にバンカーがあるので注意が必要。

HOLE 4     420Y / Par4
HOLE4

右ドッグレッグのミドルホール。
右サイドはグリーンまでOBが続く。
ティショットは距離的に少し損だがフェアウェイ中央左より

攻めるのが良い。

HOLE 13     340Y / Par4
HOLE13

距離のみじかいミドルホール。
左サイドのOBは浅い。ティショットは右正面クロスバンカーの手前がねらい目。

HOLE 5     180Y / Par3
HOLE5

フラットだが距離のあるショートホール。
グリーン手前に大きなガードバンカーがあり注意が必要。

HOLE 14     425Y / Par4
HOLE14

打ち下ろして打ち上げる距離のある難しいミドルホール。
左の谷のOBが浅いのでFW右サイドから攻めたい。

HOLE 6     399Y / Par4
HOLE6

距離のないほぼまっすぐなミドルホール。
ティショットは両サイドのクロスバンカーに注意し

フェアウェイキープを。

HOLE 15     380Y / Par4
HOLE15

左ドッグレッグのミドルホール。
左のOBは浅め。ティショットは正面クロスバンカー方向に

打とう。

HOLE 7     415Y / Par4
HOLE7

距離のあるミドルホール。
右は谷、左は林とティショットの落とす位置が難しい。
フェアウェイ左サイドがねらい目。

HOLE 16     510Y / Par5
HOLE16

左ドッグレッグのロングホール。
ティショットは御神木『三本杉』の右がねらい目。

HOLE 8     160Y / Par3
HOLE8

谷越えのショートホール。
グリーン手前の谷からの風に注意、グリーンの傾斜がきついので

なるべく下から攻めたいホール。

HOLE 17     204Y / Par3
HOLE17

袖ヶ浦コース最長のショートホール。
グリーン正面の花道から攻めたい。

HOLE 9     560Y / Par5
HOLE9

袖ヶ浦コース最長のホール。
左右の林は木が密生しているので注意。
ティショットはクロスバンカーと『さわらの木』の間がねらい目。

HOLE 18     515Y / Par5
HOLE18

やや打ち下ろしのロングホール。
フェアウェイは広いが左に谷があるので右サイドがねらい目。
3打目のポジションが大事。